金融業界向け FinTech(フィンテック)時代における 情報セキュリティ対策の 「一考察」

FinTech時代の今、金融機関が考えるべき情報セキュリティ対策とは?

近年、話題に上ることが増えているFinTech(Fintech / フィンテック)。この言葉は、金融(ファイナンス:Finance)と技術/ 情報技術/ デジタル技術(テクノロジー:Technology)を合わせた造語です。

スマートフォンの普及や通信網の発達などIT が大きく進化したことにより、ネットバンキングやモバイル決済・送金、家計アプリや資産計算アプリの登場など、金融業界にも大きな変革の時代が訪れようとしています。しかし一方で、金融機関がサイバー攻撃の標的になるケースも増大。

このような時代の中、金融機関はどのように情報セキュリティ対策について考えていくべきでしょうか。FinTech時代に押さえておきたい最新動向と、情報セキュリティ対策をまとめました。

<主な内容>

序章 FinTechの現状 〜今、金融業界は〜

第1章 金融業界の情報セキュリティ最前線
 ・キャッシュレス、通帳レス…新たな社会への変化
・金融機関が考えるべき情報セキュリティリスクの現状
・対策が急務…ガイドラインは明確だろうか?
【コラム】FinTech 時代に押さえておきたい最新ワード

第2章 今後の情報セキュリティ対策に向けての「一考察」
・サイバー攻撃への対策
・情報管理を考える上でのセキュリティポリシー設定
・サイバーセキュリティ対策におけるシステムの監視と監査への取り組み方

第3章 金融業界の情報セキュリティ対策を強化するためのヒント
・短期的に始められる対策と長期的な対策を分ける
・短期的に始められる対策の例
・長期的視点を持つことの重要性

●紹介しているガイドラインの一例
・金融分野における個人情報保護に関するガイドライン
・金融分野における個人情報保護について
・(個人情報保護指針別冊)個人データの安全管理措置等に関する指針
・主要行等向けの総合的な監督指針
・中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針

詳細はぜひ、ダウンロード(無料)してお読みください!