カテゴリー別アーカイブ: ログ管理

病院など医療機関で、セキュアで使いやすい出力環境を実現するためには?



医療機関では、きわめて重要な個人情報が扱われることから、厳格なセキュリティ対策を講じる必要があります。厚生労働省が2017年5月に公開した「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 5版」では、情報システムの二要素認証、アクセスログの収集が基本的な安全管理として推奨されています。
セキュリティ強化が求められる一方で、医療機関では出力・印刷に関する課題感が高まっています。依然として紙(印刷物)が業務のベースとなっている医療機関においては、セキュリティを確保しつつ、柔軟で使いやすい出力環境を実現することが重要です。今回は、病院でのセキュアなプリント環境を実現する「SmartSESAME SecurePrint!(セキュアプリント)」について、活用事例を含めながらご紹介します。
続きを読む

「第4回 IoT/M2M展」フォトレポート~“紙の操作”をインターネット経由で一元管理する理由

IoT/M2M展2015年5月13日(水)から15日(金)の3日間にわたり、東京ビッグサイト(東京都・江東区)で「第4回 IoT/M2M展」が開催されました。IoTとは「モノのインターネット(Internet of Things)」を指す言葉。その中でも、複合機による“紙の操作”ログをインターネット経由で一元的に管理する技術に注目。IoTの考え方が、紙経由での情報漏えい対策にどう活かされるのか、その展示の模様とともに紹介します。 続きを読む

大事なログ管理、忘れていませんか?印刷・コピー・ファックスが“抜け穴”にならないために

操作ログの管理「情報漏えい事件」が発生した時、原因を特定できるのはなぜでしょうか?…それは、「ログ(通信等の記録)」という“犯行の痕跡”を企業が常に取得しているからと考えられます。しかし、情報漏えいが多発しながらも、「ログ」の取得が徹底できていない経路があるのです。これを放っておいてもよいものでしょうか? 続きを読む

プリント・コピー・ファックス・スキャンをまるごとログ管理

様々な複合機・プリンタメーカーが混在しているとプリント等のログの一元管理ができません。

従来のやり方では、メーカーごとにログの取得方法やフォーマット(内容、ログの出力順序)が異なり、大変な手間が掛かっていませんか。

また、本当に印刷されたものか分からず、費用負担の振り分けもあいまいなままでありませんか。

その時、お役に立つのがSecurePrint!の統合ログ管理機能です。全ての複合機、プリンタの印刷記録が把握でき、部門別経費振り分けが出来ます。

こんな分析もお手のものです。

統合ログ、プリンタログ

詳細はこちら セキュアプリント