カテゴリー別アーカイブ: 認証印刷

ワークスタイル変革とコンビニプリント~社外で「紙資料」を安全に印刷するには?2つのケーススタディ


ワークスタイル変革と紙資料の印刷・プリント外で1日の勤務時間の多くを過ごす人々が増えています。いわゆる、ワークスタイル変革の波がビジネスの現場に訪れています。その現場を見ると、意外にも「紙資料」がまだ必要との声があるのと同時に、「どこで印刷するか」が1つの新たな課題として浮かび上がってきました。今回は、2つのケーススタディでご紹介します。
続きを読む

業界ウソホント…メーカーが混在していると「認証印刷」ソリューションは使えない?

複合機やプリンターがないオフィス…というのは、なかなか考えられません。社内を見渡すと、複数の複合機やプリンターがあるのは一般的かと思いますが、それらすべて同じメーカーのものでしょうか。セキュリティ強化策の一環としてICカード等による「認証印刷」の普及が進む今、多くのメーカーの製品が混在することはデメリットになるのでしょうか?

「認証印刷」と複合機・プリンターメーカーとの関係は?

マルチメーカーと認証印刷これまで情報漏えいの盲点となりがちだった紙媒体。ICカードを用いて認証しないと文書が印刷できないようにしたり、「誰が、いつ、何を印刷したのか」というログを取得したりする「認証印刷」の仕組みを構築することは、情報漏えい対策として有効です。

「今や企業にとって、認証印刷の仕組み作りは、セキュリティ強化と印刷コスト抑制施策の一環として欠かせない。認証印刷の仕組み作りに着手しなければ!」 続きを読む

大事なログ管理、忘れていませんか?印刷・コピー・ファックスが“抜け穴”にならないために

操作ログの管理「情報漏えい事件」が発生した時、原因を特定できるのはなぜでしょうか?…それは、「ログ(通信等の記録)」という“犯行の痕跡”を企業が常に取得しているからと考えられます。しかし、情報漏えいが多発しながらも、「ログ」の取得が徹底できていない経路があるのです。これを放っておいてもよいものでしょうか? 続きを読む

社内セキュリティ強化の死角…複合機やプリンター、紙周りを考えよう

情報漏えい事件が大きくクローズアップされるようになった昨今、企業は不正アクセス対策やウイルス対策、暗号化など、様々なセキュリティ対策を行いました。しかし、見落としがちな“穴”が残されていることも。どんなに対策しても、小さな“穴”の見落としから大きな漏えい事件に発展しないとも限りません…。そこで今回は、従来してきた対策を振り返るとともに、今後、必要となる情報漏えい対策について考えてみましょう。

現実に起きている、社外秘文書持ち出しによる漏えい事件情報漏洩

もし、「社外秘」のスタンプを押された文書を不意に見つけた時、あなたならどうしますか?また、ほかの従業員はどのようにすると思いますか?

「迷わず、それを手に取り、ポケットかカバンに入れ、何食わぬ顔でオフィスを後にする」… 続きを読む

国が変わればコピー機・プリンター導入も変わる!?  日本と海外の“プリントアウトソース(MPS)”事情

プリントアウトソース(MPS)事情社内の複合機やプリンターの管理に「手間やコストがかかる…」と感じている企業は多いかもしれません。最近、こうした“複合機まわり”の煩雑な業務をまとめて社外にお任せできる、プリントアウトソース(MPS)が国内外で普及しています。しかし、“海外型”と“日本型”では異なる点も…。
※MPS:Managed Print Service:マネージド・プリント・サービス。複合機やプリンターの管理業務全般をアウトソーシングするサービスを指す。 続きを読む