これからの「文書電子化」と「文書スキャン」ガイドブック 2015年度版

これからの「文書電子化」と「文書スキャン」ガイドブック

今、文書の電子化をとりまく環境が変動しています。

2015年1月の規制緩和によって、契約書や領収書といった国税関係書類の電子化が容認。
また、ワークスタイルの変化に伴って、遠隔地でも文書を共有する仕組み作りが必要とされています。

いまやビジネスに欠くことができない文書の電子化。
本資料は、企業のコスト削減や競争力向上の一助として、今取り組むべき「文書電子化」の在り方を取り上げます。

<本資料の主な内容>
第1章 規制緩和で文書電子化は“次のステージ”へ
・電子文書化の恩恵を受け切れなかった「国税関係帳簿書類」
・規制緩和で企業はどのように変わるのか?
第2章 ワークスタイルの変化と文書電子化
・多様なワークスタイルへの対応が急務
・文書電子化によって、どこでも「紙」の情報を閲覧できる環境に
・クラウドの普及とワークスタイル変革における文書電子化
第3章 文書電子化を支援するスキャナー選定の“新条件”とは?
・ビジネスに役立つ多種多様のスキャナー
・進化するスキャナー
・ケーススタディ(モデルケース)で見る文書スキャン
・文書電子化を考えたときのスキャナー選びの条件をチェック