病院など医療機関で、セキュアで使いやすい出力環境を実現するためには?



医療機関では、きわめて重要な個人情報が扱われることから、厳格なセキュリティ対策を講じる必要があります。厚生労働省が2017年5月に公開した「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 5版」では、情報システムの二要素認証、アクセスログの収集が基本的な安全管理として推奨されています。
セキュリティ強化が求められる一方で、医療機関では出力・印刷に関する課題感が高まっています。依然として紙(印刷物)が業務のベースとなっている医療機関においては、セキュリティを確保しつつ、柔軟で使いやすい出力環境を実現することが重要です。今回は、病院でのセキュアなプリント環境を実現する「SmartSESAME SecurePrint!(セキュアプリント)」について、活用事例を含めながらご紹介します。

シンクライアント環境でのデスクトップ仮想化が普及する医療分野

病院など医療機関では、セキュリティ要件が高いことから、外部に接続しない基幹系ネットワークとインターネットに接続する情報系ネットワークを分離しているのが一般的です。病院によっては、基幹システムに接続するPCと、外部のネットワークに接続するPCを2台並べて使用しているケースもあり、増え続ける端末の管理が大きな負荷となってきました。
端末数を最小限に抑え、管理の負荷を軽減するため、医療分野においてもシンクライアント環境でのデスクトップ仮想化(VDI)が普及しつつあります。VDIにより、医師や看護師、受付スタッフなどの各ユーザーは、どの端末からでもそれぞれの権限に合わせた仮想デスクトップを使い電子カルテ等にセキュアにアクセスすることが可能です。これによって端末数を削減でき、同時に端末を管理する工数も軽減できるようになります。

シンクライアント化で課題となりやすい、印刷トラブルとは?

シンクライアントが普及するなか、課題として浮かび上がってきたのが出力に関する不便さです。シンクライアント導入後に多発するトラブルとして、印刷ができなくなったり、思った通りの出力機からプリントされなかったりすることが挙げられます。シンクライアントベンダーはプリンタードライバーのマッピング機能を用意して、端末に近いプリンターで印刷できるようにするなど考慮していますが、管理が煩雑になりがちでトラブルの復旧に時間がかかることもあります。日々、大量の印刷物を出力する医療機関では、印刷に関するトラブルは業務上大きな問題となりかねません。

セキュアで使いやすい出力環境をつくる、「SmartSESAME SecurePrint!」

VDIなどのシンクライアント環境でも使い勝手のいい出力環境を実現するのが、「SmartSESAME SecurePrint!」です。「SecurePrint!」は、PCのログイン情報や個人認証情報から印刷指示をしたユーザーを特定し、出力機でICカードの認証を行ってから印刷を開始します。具体的には、ユーザーは印刷をするときにプリンターメニューで「SecurePrint!」のプリンタードライバーを選んで印刷実行しておき、印刷したい出力機でICカードをかざして印刷を行います。これにより、例えば病院の1階にあるPCから印刷指示をかけ、別のフロアにあるプリンターで印刷をするといった柔軟な運用が可能です。ユーザーがICカードをかざすことによってプリントされるので、意図しないユーザーに印刷物が渡ってしまうことを防げます。

大学病院様での「SecurePrint!」導入事例

実際に「SecurePrint!」を導入したK大学病院様では、個人認証にPaSoRi(パソリ)のカードリーダーを利用してセキュアな印刷環境を構築しました。印刷するときには、PCにつないだカードリーダーにIDカードをかざして印刷指示をかけたのち、出力したい複合機でIDカードをかざしてプリントアウトします。同病院では、業務効率を重視してPCを常にオンの状態にしていて、ログインには共有IDを使用していました。このような共有IDを使う環境であっても、PCにカードリーダーを取り付けて個人認証を行うことで印刷指示をしたユーザーを特定でき、どのフロアにあるプリンターからでも自由に印刷物を出力できるようになったのです。これにより、個人情報を含む紹介状、同意書等の書類も、外来受付で間違いなく印刷できるようになりました。印刷の利便性向上とセキュリティ強化を同時に実現するとともに、利用頻度の低いプリンターを廃止して出力機器の配置を最適化できたことも大きなメリットです。

医療機関におけるセキュアな出力フロー

イメージ:医療機関におけるセキュアな出力フロー

病院や医療機関では、電子カルテやVDI導入などが進む一方で、紙媒体を使った業務フローがこれからも根強く残っていくと見られます。医療機関においてセキュアで使い勝手のいい出力環境を実現することは、業務効率の向上に直結します。管理しやすく、柔軟な運用が可能な「SecurePrint!」は、医療機関の印刷ソリューションとして最適です。VDIなどシンクライアント環境の印刷でお困りであれば、ぜひ一度導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

▼関連情報
・大学病院にも選ばれたプリントセキュリティ「SecurePrint!」2要素認証を低コストで実現する「PCログオン」数多くの公的機関にも選ばれているセキュリティ対策「Cyber NEXT」
自治体 セキュリティ対策 調査レポート ダウンロード 「セキュリティー ハンドブック2016」ダウンロードページへ FinTech 金融 セキュリティ対策 ダウンロード PCログオン 詳細ページへ 文書電子化ハンドブック ダンロードページへ 情報セキュリティ対策ハンドブック ダウンロード