自治体で進むデスクトップ仮想化。メリットと課題・解決策は?


平成28年1月にマイナンバー制度が導入され、特定個人情報を取り扱う官公庁や自治体に安全な情報セキュリティの確保が迫られる中、デスクトップ仮想化を導入する自治体が増えています。仮想化することで、総務省がセキュリティ対策として各自治体に実施を求めている「ネットワーク分離」を実現できる一方、プリンターでの出力に苦慮するケースも多いようです。今回は、自治体がPC環境を仮想化することで得られるメリットや、課題と解決策をご紹介します。

情報セキュリティに必須のネットワーク分離。仮想化でスペースや調達コストを削減


総務省は自治体の情報セキュリティ対策を強化するため「ネットワーク分離」を実施するよう求めています。マイナンバー情報などを扱う個人番号利用事務系やLGWAN(総合行政ネットワーク)接続系と、ウイルス感染などのリスクがあるインターネット接続系のネットワークを分離することで、マイナンバー関連システムを外部の攻撃から保護するのです。
しかし、それぞれのネットワークを物理的に構築すると、PCの調達や設置場所の確保にコストがかかるほか、従来は1台のPCで行っていた業務を複数のPCで行うことになるため業務の効率が悪化しがちです。そこで、多くの自治体ではVDI(仮想デスクトップ基盤)やRDS(リモートデスクトップサービス)といったPCの仮想化技術によって、ネットワーク分離を論理的に実現しています。物理的にネットワークを分離する場合に問題となる、端末の設置場所や調達コスト、運用管理の負担を大幅に軽減できるのです。さらに、デスクトップを仮想化することで、どこでもセキュアに作業できるというメリットも得られるため、働き方改革を視野に入れて導入する自治体も増えています。

仮想化環境で頻発するプリンターの課題を認証印刷「SecurePrint!」で解決

ところが、仮想化環境で頻繁に発生するのがプリンターに関する課題です。複数のネットワーク環境を構築すれば、プリンターもネットワークごとに分離する必要があります。もしネットワーク環境ごとにプリンターや複合機を設置すると、機器の台数が増えてしまい、調達コストや設置スペースなどの問題が生じます。また、仮想化環境では印刷データがネットワークを占有してしまい、「印刷に時間がかかる」「思い通りのプリンターから出力できない」といった問題が起こりがちです。新しい端末を調達するたびに管理者がプリンタードライバーの設定に追われたり、印刷時に全組織のプリンターが表示されてしまいユーザーが選択に迷ったりと、プリンタードライバーの管理が煩雑化するケースも多くあります。


そこで注目されているのが、仮想化環境にも対応している、マルチベンダー対応認証印刷システム「SecurePrint!」です。SecurePrint!は、プリンターメーカー純正のプリンタードライバーを使った印刷方式と、SecurePrint!独自のマルチメーカー対応ドライバー(汎用ドライバー)を使った印刷方式のどちらにも対応しており、ICカード等での個人認証が成功したプリンターからのみ印刷物が取り出せる仕組みであるため、間違ったプリンターから出力されてしまうミスを防げます。

またSecurePrint!の汎用ドライバーがあれば、複合機やプリンターの調達のたびに、個々の仮想デスクトップにドライバーをインストールする必要がないため、設定や運用に関わる管理者の負担を大幅に軽減できます。

自治体では、同じ仮想化の仕組みでも、SBC方式とVDI方式を使い分けているところが多いようですが、SecurePrint!はどちらにも対応しているため、仮想化環境においてもセキュアな印刷を実現できると同時に、プリンター管理の負荷軽減やユーザーの利便性向上も実現できるのです。

マイナンバーを安全に取り扱える情報セキュリティ環境を整備するため、PCの仮想化によるネットワーク分離を導入する自治体は増えています。仮想化に伴って発生するプリンター管理の課題を解決できることが、認証印刷システム「SecurePrint!」の選定の決め手となる自治体も多いのです。

仮想化環境でのSecurePrint!導入事例
東京都世田谷区
北海道室蘭市
神奈川県藤沢市

多くの官公庁・自治体に選ばれたSecurePrint!の導入事例集を無料ダウンロード!

SecurePrint!を提供しているシーイーシーでは、SmartSESAME導入事例集を作成し無料で公開しています。SecurePrint!がどのような団体に採用され、どのように導入・運用されて効果を上げているかをご確認頂き、ぜひ情報セキュリティ対策の参考にしてください。

認証印刷ソリューションSecurePrint!の導入で何が変わった?
導入済みユーザーの声をまとめた事例集のダウンロードはこちら

▼関連情報
・多くの官公庁・自治体が導入するプリントセキュリティ「SecurePrint!」ICカードを使った2要素認証を低コストで実現「PCログオン」働き方改革関連法案が成立。対応は万全ですか?「WorkStyle suite」
自治体 セキュリティ対策 調査レポート ダウンロード 「セキュリティー ハンドブック2016」ダウンロードページへ FinTech 金融 セキュリティ対策 ダウンロード PCログオン 詳細ページへ 文書電子化ハンドブック ダンロードページへ